モスバーガー営業部

壁に当たってしまった時、
全力でサポートしたい。

モスバーガー営業部 GM鈴木 寛之
モスバーガー営業部のゼネラルマネジャーとして、モスバーガー全店を統括している。
良い意味でとにかく真面目。
「目標を明確に持ち、それに対して真面目に一日一日取り組むことが結局一番の近道。」

お客様第一

「お客様第一」を掲げる企業は沢山あると思いますが、本気で取り組んでいる企業はどれくらいあるでしょうか。

我々は本気で取り組んでおり、お客様が喜んでいただく仕事をしようということが根本であり、一番大事にしていることです。
もちろん営利企業である以上、利益も重要視しています。
ただ、お客様利益と企業利益は比例するものと考えています。

お客様を第一に考え、お客様に喜んでいただければ、自ずと利益も付いてきます。

この優先順位を間違え、企業の利益を優先してしまうと、お客様は離れていってしまい企業は立ち行かなくなります。そのため、まず一番優先に考えるのはお客様のこと。

「お客様第一」に考えるのは売上や利益のためだけではなく、そうすることが純粋に働いている我々も楽しいから。どの仕事の醍醐味も、社会や人の役に立つことだと思います。
フードビジネスでは、目の前のお客様に接客・サービスを行いますので、「どうしたらお客様に喜んでいただけるか」と考えて行なった行動が、ダイレクトにお客様の笑顔や「ありがとう」という感謝の言葉になって返ってきます。

「お客様第一」に考えれば考えるほど、返ってくる笑顔も喜びもますます大きくなるので、本当に楽しいですね。

私が勤務していた店舗でも、近くの幼稚園に通う女の子がクリスマスプレゼントを持って来てくれたり、通学中・通勤中のお客様が笑顔で声を掛けてくださったりしました。

これからもお客様のことを第一に考え、地域に愛される店舗を数多く増やしていきたいと思います。

大和フーヅの魅力

大和フーヅは、会社としての基盤・仕組みが非常にしっかりしています。
「正しいプロセスで正しい結果を出す」ということが個々人に対しても求められますが、会社としても正しい結果を出すためのプロセス作りに余念がありません。

やるべきことが明確になっていて、結果を出す筋道が立てられています。

大和フーヅでは、平均的に入社から3~4年で1つの店舗を任せられ、20人近いクルーをマネジすることになりますが、一般的な企業では20代でそこまでのことを任せてもらえません。
仮に任せてもらえても、スキル不足で良い成果が出せないものです。

大和フーヅではそれを可能にすべく、オペレーションからマネジメントレベルまで、OffJTによる研修や実践におけるOJTによって、必要な知識・スキルが習得できるような人材育成システムが用意されています。

ただ、あれもこれもだと大変ですよね(笑)。
ですので、データの活用や整備されたマニュアルなどで、店舗運営の労力が最小限に済むようにも配慮されています。

上記のような制度・仕組みも大和フーヅの秀でている面ではありますが、ただ、大和フーヅの魅力はやはり「人」につきると思います。

学んだからといってすぐに出来るものではありません。壁に当たることもあると思います。
そんなときは上司や同僚が全力でサポートしてくれます。もちろん私も一生懸命サポートします。

「人の温かさが一番の魅力」
そう胸を張って言えることが私は非常に誇らしく思います。

Movie 応募を検討している皆様へ